はじめに


 香川医科大学(現、香川大学医学部)免疫病理学教授平島光臣(現、当社代表取締役)は平成10年に新規好酸球誘導因子としてガレクチン9を同定し、それ以来、平島氏らは生体内にある生理活性物質ガレクチン類の研究を精力的に進めてきました。当社は、平島光臣教授の研究成果を事業化することを目的として平成12年11月に設立された、いわゆる「大学発ベンチャー」であります。当社の技術シーズは、香川大学医学部における平島教授を中心とするグループ研究成果であり、当社は先端科学技術を社会に還元し、地域産業の活性化、地域社会経済の発展に対する地方大学による地域貢献での一つのモデルとなるべく、産官学協力体制のもとで頑張っている企業です。